iNFUSE インフューズ
 企画書・プレゼン資料で魅力的な資料作り

Microsoft Word(ワード)

Word(ワード)とは、Microsoft(マイクロソフト)社が開発して販売している「文書作成ソフト」です。
Officeに含まれており修飾機能や図形描画機能を備えており、Officeのほかのアプリケーションとの連携も簡単にできる。世界で一番利用されている文書作成ソフトのひとつです。

 

スポンサーリンク 
  • ■キレイでメリハリのある文書を作成できる

 
ワードでは文字のサイズを変更したり、文字に飾りを付けたり、フォント(書体)を変える事ができるので、見やすくてメリハリのある文書を作成することができます。
ぜひワードで見やすい文書を作成してみましょう
 
 

  • ■豊富な補助機能ち修飾機能

 
文字だけを入力する文書作成ソフトではなく、写真、グラフ、表を配置することも可能です。
あなただけのデザインをしてオリジナルの文書を作成してみましょう。
 
 

  • ■ビジネスはもちろん自宅でも活用できる

 
パワーポイントはビジュアルを中心としたプレゼンテーションソフトですが、ワード文書中心で、以下の目的に合わせた文書を作成することができます。
・報告書、契約書などのビジネス文書の作成
・はがきや封書の宛名の作成印刷
・はがき、お店のチラシ、ラベルの作成印刷
など
 
さらに、Microsoft製品「Excel」との相性もばっちりで、エクセルで作った住所録をWordで自動で取り込んで年賀状や暑中見舞いの宛名印刷を手順に従って作成することもできます。
 
 

  • ■最新のワードが使えるoffice365(無料期間あります)

 
永続ライセンスのオフィスソフトが主流でしたがつき契約の「office365」というオフィスソフトも登場しています。WindowsとMacに対応。タブレットやスマホでも使えます。
パッケージソフトのように新しいバージョンが出たら買い替えの必要がないので、常に最新バージョンのオフィスソフトを利用することができます。
まずは1か月のお試しもあるので無料でダウンロードしましょう。毎月お金がかかるのは嫌だという肩には永続ライセンス版もあります。
 
 
 

  • ■「office online」なら無料Wordもある

 
MicroSoft社がサービス提供する「office online」というWeb上のサービスがあります。「office online」では無料でWordを利用することができます。有料版と比較すると機能制限はありますが、必要最低限の機能は搭載しているのですごく便利です。
 
Microsoftの登録だけで「office online」のワードを利用できるので、エクセルとパワーポイントだけでいいかなという方には「office online」がおススメです
 
 

  • ■保存はOneDrive。オンライン上でいつでもアクセス

 
OneDriveならOffice Online からフル機能のデスクトップ アプリにスムースに移動できます。会社のPCで作成したワード文書をOneDriveで保存しておけば、自宅のPC(オフィスソフトのない)でOffice onlineからワードの編集と保存ができます。
 
 
 
これまでご紹介してきた商品の購入や、サービスの詳細は下記の公式サイトで行えます。
興味のある方は日本マイクロソフト公式ストアを試してみて下さい。
LinkIcon日本マイクロソフト公式 Microsoft Store
 


スポンサーリンク