iNFUSE インフューズ
 企画書・プレゼン資料で魅力的な資料作り

OneDrive(ワンドライブ)

OneDrive(ワンドライブ)は、マイクロソフト社によってサービス提供されている無料のオンラインストレージサービスです。
画像や書類などのデータファイルをパソコンのデータBOXではなく、インターネット上にあるデータBOXに保存することができます。
OneDriveの運営会社「マイクロソフト」はもはや説明不要の企業ですよね。
創業メンバーのビル・ゲイツは、あのApple創業メンバー_スティーブ・ジョブズと並べられて語られるほど著名な人物です。
ここではOneDriveの特徴、便利な使い方、その他サービスについてご紹介します。

スポンサーリンク
  • OneDriveの特徴と便利な使い方

 
OneDrive自体は名称変更によって、2014年よりサービス開始しており、それ以前は「Microsoft SkyDrive」という名称でした。
今回は、OneDriveって何?オンラインストレージって何がいいの?という方に向けて、そのサービス内容の特徴と便利な使い方をわかりやすく紹介していきます。
 
 

  • ■内部ストレージを節約できる

 
OneDriveは、冒頭で軽く紹介しましたが”インターネット上にデータを置く”ことによって、本来内部ストレージ(データBOX)に保存するはずだったデータを外部(クラウド)に保存することができます。
パソコンにはそれぞれ内部ストレージ容量が存在しており、例えば内部ストレージ128GBのパソコンであれば128GB以上のデータを保存をすることができません。
128GB以上のデータを保存するには、今内部ストレージに入っているデータファイルを削除したりする必要があります。スマホであればアプリをインストールするごとに何か他のアプリを消さなければいけないという方もいるのではないでしょうか?
 
OneDriveを利用では15GB分のデータを無料でクラウド上に保存することが可能です。
15GBは画質や音質によりますが、写真なら4,500枚程度、音楽ファイルなら3,000曲程度保存することができるほどの容量です。
 
内部ストレージが多くなるとパソコンの動作が遅くなる原因にもなるので、クラウドを上手に利用していきましょう。
 
 

  • ■どのデバイスOKで複数人で共有可能

 
OneDriveはパソコン、スマートフォン、タブレットどのデバイスでも、どこでもファイルの同期ができるので、インターネット環境さえあれば、いつでもどこでもファイルの閲覧・編集が可能です。
また、OneDriveはアカウントに紐づいてクラウド上にデータを保存するため、アカウント情報を共有したい人に公開すれば複数人でデータ共有することが可能です。
またファイルに対して共有設定をすれば、設定したファイルのみ共有することも可能です。

 
 

  • ■オフライン状態でもファイル操作可能

 
OneDriveのファイルやフォルダーに対して「オフラインで使う」設定をしておけば、インターネットに接続されていない状況でもデータを確認することができます。
また、確認だけでなく編集することも可能で、次にインターネットに繋がったタイミングで編集内容を保存してくれるという便利な機能を搭載しています。
 
 

  • ■安心のデータ管理

 
OneDriveのデータは、Microsoft社が管理するデータセンターに保管されています。
最先端の技術持って管理されており、2段階認証やアクセスの入退室管理など
万が一のデータ盗難や、災害などに備えて何重にもデータを保護する仕組みが取られています。
 
 

  • ■OneDriveはスマホアプリも便利

 
ウェブでのサービスが中心になりますが、パソコンを立ち上げる手間などサクッと閲覧して編集したいかたにはアプリがおススメです。
さらに複数人での共有ファイルが編集されるとアプリでは通知機能が搭載されています。
またスマートフォンで撮った写真の保存・共有も簡単にできるのでOneDriveスマホアプリの利用もおススメです。
 
 
いかがでしたでしょうか。
OneDriveのサービスは公式サイトから利用できます。
気になる方は利用してみましょう。
LinkIcon「OneDrive」公式サービスはこちら
 

スポンサーリンク