iNFUSE インフューズ
 企画書・プレゼン資料で魅力的な資料作り

Google翻訳

 Google翻訳は、Google LLC(1998年設立)によって提供されている無料翻訳サービスです。
そのGooleが提供しているGoogle翻訳は精密な多言語翻訳が可能になっています。
ここではGoogle翻訳の特徴と便利な使い方ついてご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク
  •  Google翻訳の特徴と便利な使い方

 
Google翻訳は、外国語でのコミュニケーションが必要な際に大いに活用することができ、海外旅行時だけでなく、国内でビジネスシーンに利用されるなど活躍の場を広げています。
Google翻訳の言語翻訳能力は日進月歩で進化しており、サービスリリース当初とは比べものにならないほど翻訳精度が向上しています。
使ったことがない方はもちろん、以前に使ったことがあるけど翻訳精度があんまりだったな…という方はぜひ今日のGoogle翻訳を利用してみてください。
今回はGoogle翻訳の特徴に加えて、便利な使い方を紹介していきたいと思います。
 
 

  • ■100カ国以上の言語に対応

 
Google翻訳の対応言語は100カ国を突破し、インターネットが普及している地域の言語を99%以上カバーしているといわれています。
 
Google翻訳はスマホ用アプリも配信されており、さらに事前にオフライン用のファイルをダウンロードしておくことでオフライン時にも利用することが可能です。
Google翻訳があれば世界中どこへでも、言葉の不安を感じることなく海外旅行を安心して楽しむことができます。
 
 

  • ■翻訳精度が大幅に向上

 
2016年にGoogle翻訳は、「ニューラルネットワーク」と呼ばれる人間の脳の神経細胞伝達の仕組み(ニューロン)からヒントを得て作られた数学モデルのシステムを導入することにより、翻訳精度が飛躍的に向上しました。これによって、より人間らしい翻訳が可能になりました。
 
Google翻訳に限らず、翻訳サービスを利用したことがある方であれば、単語区切りで前後の脈絡を考慮しない不自然な翻訳を体験したことがあるかと思いますが、このニューラルネットワークを導入したことで単語ではなく文章単位での翻訳ができるようになりました。
 
 

  • ■カメラで撮影した被写体を翻訳できる

 
Google翻訳では、スマホカメラを利用した「被写体翻訳」をすることが可能です。
例えば、英語のテキストや飲食店のメニューなどをカメラで撮影すると、英語部分が日本語に早変わりします。こちらの機能も海外旅行時には重宝します。
 
 

  • ■手書き入力が可能

 
キーボードに存在しない文字、例えば中国語は漢字とはいえ日本では使われない漢字も存在しますよね。Google翻訳は、テキスト入力だけでなく手書き入力で翻訳することが可能です。
 
 

  • ■会話モードでシームレスに翻訳する

 
Google翻訳には、異なる言語を話す両者がコミュケーションを必要とする際に便利に利用することができる「会話モード」機能があります。
この機能は、Google翻訳で会話モードを選択しマイクボタンを1度押すだけで利用することができます。これにより、自然でシームレスなコミュニケーションをとることが可能になっています。
 
 
いかがでしたでしょうか。
Google翻訳はもはや海外旅行には必携のアイテムですよね!
Google翻訳は以下からご利用可能です。
興味のある方はチェックしてみてください。
 LinkIconGoogle翻訳はこちらから
 

スポンサーリンク